HOME カテゴリ 新着記事 過去ログ お気に入り
 情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイト→お役立ち情報商材リスト

2007年07月31日

参院選が残すもの

最初にクリックお願いします!→ブログランキング

NHKの調査によると、参院選の最も大きな争点は年金問題だった。
その上で、次のデータを見て欲しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/specialfeature/sangiin2007/list/50/
このデータの異常性がわかるだろうか?
「自治労の幹部が、民主党の比例で一位で通った。」

分かりやすく言おう。
年金問題において最も責任がある自治労の幹部が、
年金問題が最も大きな争点であると考えられている選挙で、
最も多い得票数(公明党を除く)で通ったのだ。

何だこれ?これって戦時と同じじゃない?主導が国かメディア自身かの違いだけだ。
完全にコントロールされた情報の中で、最も批判すべき相手に最も票を入れる国民。
(年金問題以外を争点に民主に入れた人についてはここでは置いておく。)
相原久美子さんについてはこちら↓



自治労の責任であることをメディアも隠した。2chより。
7月10日に発表された「年金記録問題検証委員会」の中間報告には、
社会保険庁の組織的問題点として以下の文がある。

>職員団体によるオンライン化反対闘争や業務改革に後ろ向きの多数の
>覚書・確認事項が示す、既に強く批判されている職員団体の行動がみられた。

しかしNHKが報じたのは以下の内容だった。

>職員団体による           業務改革に後ろ向きの
>                           行動がみられた。

「オンライン化反対闘争」「多数の覚書・確認事項」「既に強く批判されている」
が削られたのだ

そして「既に強く批判されている」が削られたのはなぜか?。
理由は簡単。NHKは自治労を批判してこなかったのだ。
自治労の悪事を隠し続けてきたのだ。
http://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/NEWS.htm


今問題なのは、国民が政治家を信じれないことじゃなくて、政治家が国民を信じれないことだ。
上記だけじゃない。
安倍が小泉の政策を引き継いでいるにも拘らず、安倍を嫌い小泉を好く国民。
安倍の方が遥かに丁寧に物事を説明してるじゃないか。
(メディアは説明してないように演出するが。説明責任と言う言葉で政治家を追い詰めるためだ。)


民主の支持基盤の不祥事で、自民党が糾弾され、民主党が与党になる。
意味分からないだろ。何故こんなことが起こるのか?


理由はある。
第一に、安倍政権が公務員改革しようとしたから。
(その中にはもちろん、社保庁潰しも含まれている。)
第二に、安倍政権がメディアを規制する法案を通そうとしたから。
第三に、安部政権が経済以外で保守政権だから。
官僚とメディアという二大権力を敵に回した。


今回の選挙が反映したのはもちろん国民の意見だ。
そしてそれは官僚の意見を反映していた。
メディアの目的である「政策で選ばせないこと」が
十分実現した選挙だったと思う。
年金問題、政治とカネ、不適切発言…。ある意味メディアに感心する。


僕の意見は偏っているのか?
しかし、今回の選挙の異常性は色んな識者も
選挙が終わってから言ってるじゃないか。遅いけど。
(そういえば塩爺も「メディアv.s.自民だ」と言ってたなw)
週刊新潮も以下のように報じる。
【マスコミ】「安倍憎し」に燃える朝日新聞の「異様すぎる選挙報道」…もはや新聞ではなく“反政権ビラ”/週刊新潮★2

1 :どろろ丸φ ★:2007/07/19(木) 23:44:47 ID:???0
さすがに、ここまで来ると常軌を逸している。2年前にNHK番組改変問題で安倍氏に煮え湯を飲まされた朝日新聞が、憎っくき敵を潰そうと、連日、安倍攻撃を繰り返しているのだ。同業者の間からも、「この露骨さは、ジャーナリズム史に残る」なんて声も聞かれる有様。

安倍政権が失点に次ぐ失点を重ね始めたこの5月以降、朝日新聞の“元気ぶり”がすごい。特に参院選を間近にしての選挙報道は、お見事の一語である。7月2日付社説<さあ参院選へ 暑い夏に熱い論戦を>を皮切りに、これでもかという安倍打倒参院選キャンペーンが始まるのである。それは、「不偏不党や客観報道を旨とする新聞メディアとは思えない異様なものです。同業者から見ても、とてもマトモとは思えません」(全国紙政治部デスク)なんて声も出るほどだから、さすがに読者の中にも違和感を覚える向きが少なくないのではないか。

7月6日付社説では、<この国会で「政治とカネ」の問題がうやむやになったことを覚えておこう。その責任はどの政党が負うべきか、しっかりと心に刻んで投票に臨みたい>と、露骨な投票誘導を行っている。さながら野党機関紙の様相である。

11日付社説も凄まじい。年金問題解決に向けての決意を示す安倍首相に、<政府の最高責任者として、長年にわたるずさんな管理の後始末をするのは当然のことだ。ことさら「戦後レジームからの脱却」などと意気がるようなものではない>とケチをつけ、<これで年金記録の問題は本当に解決するのか。有権者は一票を投じる際に判断材料のひとつとするだろう>と、畳みかけている。年金問題は、民主党の支持基盤である自治労との“労使密約”が原因のひとつであったことなどは、オクビにも出さず、ひたすら安倍攻撃に邁進するのである。

◆新聞ではなく“反政権ビラ”
極めつけは7月14日付の<政治とカネ おかしいぞ、首相の理屈>と題した社説だ。赤城農水相の事務所費問題に対して、<…首相が妙な「へ理屈」をこねても、政治への信頼が失われるばかりだ>と、一国の総理の発言を“へ理屈”とまで言ってのけた。とどまるところを知らぬ波状攻撃である。 (>>2-5に続く)
 週刊新潮7月26日号p31〜33より。

メディアと官僚が組めば、何だって出来ることを証明した選挙。
これは二つの結果を生んだ。
一つは、メディアがアジェンダ・セッティングの自信をつけたこと。
もう一つは、今後政治家が口をつむぐようになること。
官僚とメディアへの恐怖が国会議員に刷り込まれるには十分だった。


で、今日の日記で一番言いたい事。メインはコレ。
それは、ここに書いたようなことを政治家自身は言えないということだ。
反発されて終わりだから。
この頃政治家の文言の裏にある苦悩が分かる。彼らは心に抱えた、本当に大切なことを言えない。
メディアは「反論不可能な雰囲気」を作る。既にメディアは如何なる権力よりも強い。
そしてそれに対抗する有効な手段は存在しない。


そして民主が早速来た。
テロ特措法:民主、期限延長に反対 鳩山幹事長が強調

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は30日、秋の臨時国会で焦点となるテロ対策特別措置法の期限延長について「私たちが基本的に延長すべきでないと主張していることも含めて(参院選で)国民の審判が下った」と述べ、反対していく考えを明らかにした。

 同法案は海上自衛隊がインド洋で米艦船などに給油することを可能にする内容で、11月1日に期限が切れる。これまで3度延長したが、民主党はいずれも反対してきた。鳩山氏は「(今回も)きちっと筋を通すことが望まれている」と強調した。【山田夢留】

「含めて」ね。そんな審判してねーよ。
(僕はテロ特措法の延長の是非を言ってるんじゃない。政策評価の選挙じゃないだろってことだ。)
思ったとおりの状況だな、基本政策全部国民が認めたと主張するつもりか?


自治労組織内候補「あいはらくみこ」さん当選果たす

7月29日に行われた第21回参議院選挙で、自治労組織内候補の「あいはらくみこ」さんが当選を果たした。
比例代表として立候補した「あいはらくみこ」さんは、507,787票で民主党比例1位を獲得し、圧倒的な勝利をおさめた。
(中略)
岡部委員長 : あいはらを応援くださった、全国組合員の皆さん、退職者の皆さん、他産別の仲間の皆さん、あいはら後援会の皆さんに心よりお礼を申し上げます。参院選では与野党逆転が確実となり、日本は二大政党政治にむけ、大きな一歩を踏み出しました。これからは、地域を中心とする政治の中身が問われてきます。あいはらさんを国会に送り出した自治労の責任として、政治・政策の立案能力が今以上に必要となります。今選挙で与党は、今までにないほどの自治労バッシングを行ないました。しかし、あいはらの当選こそが、そうしたバッシングを跳ね返す力となります。これまで頑張ってこられたあいはらさんに、改めて敬意を表します。皆さん、本当にありがとうございました。

あいはら : 1年と2ヶ月。全国を歩き、皆さんから本当に「力」をいただきました。私一人でできたことなど、何一つないといっても過言ではありません。全国にある単組、県本部の皆さんから助けていただいた気持ちでいっぱいです。これほど仲間とのつながりを強く感じたことはありません。やはり運動は一人ではできないと感じています。自治体職員、臨時・非常勤、公共民間、国費の皆さん。それぞれ厳しい状況にありながら、応援をいただきました。これからの課題は山積みです。今まで以上にお力を借りることもあるでしょう。しかし、精一杯、皆さんの声を国会に届けていくことをお約束します。今後、全国をまわる中でお約束した、「6年間の時間をいただいて、全国を必ず、またご挨拶に伺う」ということも実現できそうです。自治労の全国的なネットワークをさらに広げていきたいと思います。皆さんの気持ちを受け止めての新たなのスタートです。これからもよろしくお願いいたします。

なめてる!

参考になった方はクリックお願いします!

医学生を教える家庭教師をしています。
興味のある人は右上のアドレスからメールをどうぞ!

その他のブログランキング↓もよろしくドゾー
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイトお役立ち情報商材リスト
posted by あゆ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50090698

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。