HOME カテゴリ 新着記事 過去ログ お気に入り
 情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイト→お役立ち情報商材リスト

2007年07月30日

参院選を終えて

最初にクリックお願いします!→ブログランキング

マジで自民は30台なのかwひでえなww
自民党が圧勝した衆院選と同じくらいキモイ結果だ。


何故自民から民主に人は乗り換えたのか?
僕も小泉の経済政策はクソだと思ってるし、
あのアメリカ式の徹底した個人主義は自民が掲げてきた共同体主義と真逆で大嫌いだった。
でもそれって、前回衆院選の時には分かっていたことなのだ。
それに、今の空気は小泉批判じゃなくて安倍批判じゃないか?


今回メディアはどう働いたのか?
前回選挙ではアジェンダ・セッティングで確かに小泉が勝ったと思う。
だからこそ改革派の「小泉(自民)v.s.抵抗勢力の民主」
っていう構図が出来た。
でも、その枠組みの中で、メディアは明らかに民主よりだった。
というより、一貫しているのだ。選挙前じゃなくても日常から反自民だ。
TBSやテレビ朝日を見てたら酷いじゃないか。このブログでも何度も取り上げてきた。
あれは言論機関じゃない。嘘にまみれた諜報機関だ。椿事件に代表されるように。
これは俺が保守派だから言ってるんじゃない。
TBSがいまだに放送権を持ってること自体、先進国として恥だ。
僕が左翼でもそう言うと思う。口には出さないが思うと思う。
本当に心から酷い。こういう報道機関があることは、右にも左にも不幸だ。

今回メディアは嬉しいだろうな。彼らは年金なんかに興味はない。
「保守派の安倍(出来れば麻生も)」を追い落とすことだけを望んでる。
「不信の生産」だよ。
僕が怖いのは自民が負けたことより、
「政治家より、官僚より強い権力がメディアにあること」をメディアが学習したことだ。
不祥事なんていくらでも作れる。世論なんていくらでも誘導できると自信をつけたことだ。

空気。雰囲気。大切な論点は封じられ、メディアがアジェンダ・セッティングを誘導した。
それこそが民主大勝の理由。


田中康夫もテレ朝で言ってるね。
「衆院選の小泉バブルと同じことが今回民主党に起こった」
今回の選挙で国民は実質的に何も変わってない。何回だって言おう。端的に「気分」なのだ。

前回メディアは何と言ったか?
「自民党が信任を得たわけではない」
あの圧倒的な勝利でさえそう言ったのだ。
故に今回メディアはこう言わなくてはならない。
「自民党に不信任が突きつけられたわけではない」

ただただ公正さを望む。


p.s.
自民に入れないことや民主に入れること自体を批判しているのではない。
それぞれがどんな政策か分からず支持することを批判するのだ。
例えば、年金問題については、民主党の支持母体が原因なんだから、
民主に入れても抜本的な改革は出来ない。
にも拘らず、年金問題を理由に民主に入れるのは論理的に矛盾してるだろう。

後、経済政策で自民党を批判するなら、もっと前だろと思う。
小泉支持した人間が今回安倍批判するのは不可解。

参考になった方はクリックお願いします!

医学生を教える家庭教師をしています。
興味のある人は右上のアドレスからメールをどうぞ!

その他のブログランキング↓もよろしくドゾー
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイトお役立ち情報商材リスト
posted by あゆ at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも勉強させていただいてます。
やはり「多数決」ですからこんなことに
なるのでしょうね。。。

僕はいっそ制限選挙にしちゃった方が
まだマシだと思ったりしますw

また観に来ます〜。
Posted by washi at 2007年08月02日 01:06
コメントありがとうございます!

メディアが誘導している社会では、多数決は最低な意思決定システムです。

国民投票法案では、憲法改正投票の前2週間はメディアによる論点の報道を禁じています。メディアは反発しているようですが、政治家の気持ちがとてもよく分かります。

僕も制限選挙の方がはるかにマシだと思います。それが無理なら、メディアリテラシーを養う教育をきちんとすべきです。中学校から「朝日は左、産経は右」と教えていいw

またよろしくどうぞ!
Posted by あゆ at 2007年08月03日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。