HOME カテゴリ 新着記事 過去ログ お気に入り
 情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイト→お役立ち情報商材リスト

2006年09月30日

葉加瀬太郎

最初にクリックお願いします!→ブログランキング

最近「村上春樹シリーズ」「表現者と鑑賞者の諸問題シリーズ」と、
硬い感じの文章を書いてきたので、ゆるい感じで。


久しぶりに葉加瀬太郎が聴きたくなってCDを借りてきた。

もう返しちゃったのだが、
ヴァイオリンソロじゃなくてピアニストとのデュエットの新アルバム。

やぱ葉加瀬はいいね。
大学のサークルでマジックをやっていたんだけど、
マジックで葉加瀬はよく使われるのです。

アルバム『VIOLINISM』とかもう頻用されまくりで、
今も収録曲を聴くとwktk。
後輩がよく使ってたので、大部分は懐かしさとともに思い出す。


葉加瀬の中で懐かしさよりもdkdkが僕を締め付ける曲がある。
それが「冷静と情熱のあいだ」だ。


思い出す。
僕が舞台にスタンバイすると、
一人前の演者が中幕を挟んで観客側で演技している。
冷静と情熱のあいだ」が彼のBGM。


僕は今でもそれを聴くとドキがムネムネする
後ろにスタンバイしている時点で、僕は右手にマジックの仕込みをしている。
右手の握力マックス。緩めるとネタバレになる。
汗が染みてくる。

僕は早く前の人の演技が終わって欲しいと願う。
僕の演技が始まればドキドキはしない。
頭は真っ白になるが、体が動いてくれるから。

最初の現象(マジック)を起こすまでが大変なヤマなのだ。


ラストに近づき弦の音が激しく高音域へと登っていくにつれ、
緊張は高まっていく。

早く暗転してくれ、早く中幕よ開いてくれ・・・。
恐らく当の演者より緊張していたんじゃないかw




でも、いい思い出だな。
つか今聴きながら息が苦しいけどw、
やっぱり舞台はいいなあ。また立ちたい。

葉加瀬は見た目と違って繊細な曲も弾くなぁ!という人はクリックお願いします!


情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイトお役立ち情報商材リスト
posted by あゆ at 03:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も葉加瀬さんの曲好きです!
特に「冷静と情熱のあいだ」は高校のとき体育の創作ダンスで使った思い出があります。
Posted by みこと at 2006年10月01日 21:34
葉加瀬いいですよね!
切ないのも、勢いがあるのも、さわやかなのも。

『VIOLINISM2』が特に(個人的経験に基づいた)懐かしさを感じて好きです。

というより「女子の体育の創作ダンス」だけで懐かしいですw


そういえば、近所にスキップという美容室が新しく出来たので髪を切ってきましたよww
Posted by あゆ at 2006年10月01日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24692726

この記事へのトラックバック

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番/
Excerpt: ライナーには2005年録音とありますが、録音新譜としては、約4年ぶりです。五嶋みどりさんらしく、やはり上手いなと聴き惚れてしまいました。バッハの曲の録音はこれが初めてですが、とても良い雰囲気を出してい..
Weblog: ヴァイオリンをたくさん集めました
Tracked: 2008-01-24 11:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。