HOME カテゴリ 新着記事 過去ログ お気に入り
 情報起業・ネットビジネス、集客術・アクセスアップ・SEO、アフィリエイト・オークション、
株・投資、副業・お小遣い、ギャンブル、ダイエット、恋愛・性、英語・勉強法など、
600以上の情報を集めたサイト→お役立ち情報商材リスト

2006年07月23日

『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督

最初にクリックお願いします!→ブログランキング

ゲド戦記の評判の悪さには驚くばかりですが、
宮崎吾朗監督のWikipediaが面白いw

宮崎 吾朗(みやざき ごろう、1967年1月21日−)東京都生まれ。

宮崎駿の長男(弟は木版画家の宮崎敬介)。信州大学農学部森林工学科卒。卒業後、株式会社森緑地設計事務所に入社。建設コンサルタントとして、公園緑地や都市緑化などの計画・設計に従事。その後、三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインを手がけ、三鷹の森ジブリ美術館初代館長(2001年10月1日〜2005年6月23日)及び、株式会社マンマユート団初代社長に就任(2006年現在の社長は玉川典由)。財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。

2006年7月に公開予定のスタジオジブリの最新作「ゲド戦記」でアニメ映画の監督を務める。アニメーション・劇場用映画共に初監督となる。

『ゲド戦記』の挿入歌、「テルーの唄」の作詞も手がける。

偉大なアニメーション映画監督を父に持つが、本人は全くの無能者であり、作品も父親の作品からのパクリしか出来ない為、宮崎駿の正当な劣化後継者と高く評価されている。

また、アニメーション制作に関して全くの素人でありながら、平然と監督を引き受け、さらには自らの初監督作品であるゲド戦記を制作した際、宮崎吾朗第一回監督作品と言い切り、まるでこれからも監督業を続けられるかのような、常人には理解し難い斬新な発言をした事は有名。

それらの厚顔無恥な言動が、日本中の若者に「面の厚さに感動した」、「彼のように厚かましく生きていきたい」と深い感銘を与えた。

日本を代表する「肩書きあるけど実質ニート」の第一人者と言える。


ここまでボロクソとはww

この頃ジブリダメじゃない?という人はクリックお願いします!
posted by あゆ at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはひどいwww さすが日本一かわいそうなアニメ映画監督www
Posted by at 2013年08月21日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。